【部屋消臭】どうやって消臭してますか?

【部屋消臭】どうやって消臭するの?

部屋消臭への関心がますます高まっている

嗅覚が人間の心理に与える影響というのはかなり大きいといわれている。
もし、あこがれの人の部屋に入ってときに、悪臭・異臭がただよっていたとしたら・・・、 相手に対して抱いていた印象とのギャップで、あなたは戸惑い幻滅してしまう可能性の方が大きいだろう。
それは、ビジネスの場面でも同じことがいえる。
例えば、宿泊施設などでは、いかに快適に過ごせるかが重要なのだが、不運にも悪臭で不快な思いをしてしまった場合、
不快な思いをしたという悪い記憶だけが強烈に残り、もう二度とそこを利用する気にはならないだろう。
特にここ最近はニオイに関心をもつ傾向が強まってきており、「部屋消臭」に力を入れ、対策を急ぐ企業も増加中だ。
もちろん、個人の関心も強くなってきている。ドラッグストアなどでは、部屋消臭商品が所狭しに並んでいるという状況となっている。
ここでは、部屋の消臭方法について、いくつか紹介していきたい。

目次


アロマを使った消臭

これは健康志向が強い人、アレルギー、アトピーなどで悩んでいる人によく利用されている方法だ。
健康、美容、リラックス効果もあり、さらに部屋の消臭もできるということで、人気の消臭方法となっている。
例えば、ランプやディフェーザーなどでの芳香浴だ。アロマの精油には、抗菌作用や消臭効果があり、部屋の空気をキレイにする効果があるといわれている。
また、カーテンやカーペットといった布製品、ニオイが付きやすく、洗濯しにくいようなものに、アロマをスプレーすることで、簡単に消臭することも可能だ。
さらに、最近は女性だけではなく、消臭も兼ねて仕事の疲れを癒すためにアロマを利用する男性も増加しているといわれいる。

【部屋消臭】アロマオイル消臭

重曹を使った消臭

重曹は弱アルカリ性であることから、その中和反応と吸着作用によって、酸性のニオイ(腐敗臭、汗臭など)に有効であるといわれている。
よくストッキングや不織布などに重曹を直接いれて、靴・カバン・グローブなどに入れて消臭したり、重曹水で作ったスプレーでニオイが気になる部分にスプレーして消臭するといったような使われ方をしている。
また、重曹は食品として使用されることもあるので、安心して使うことができる。
ただ、気をつけたいのが、アンモニア臭に対してだ。アンモニアはアルカリ性であるため、重曹もアルカリ性であることから、あまり消臭効果は期待できないので、よく注意して使いたい。

【部屋消臭】重曹を使った消臭

クエン酸を使った消臭

これは前に述べた重曹で消臭できないアンモニア臭に対しては有効だ。
クエン酸を水に混ぜて、スプレー容器にいれて、ニオイが気になるところにスプレーして消臭する。
例えば、ペットのオシッコのニオイを消臭したいときによく利用されているようだ。市販の消臭剤だと、ペットに有害な成分が含まれている可能性もあることから、クエン酸を使って消臭スプレーを自作する人もいるようだ。

【部屋消臭】クエン酸を使った消臭

炭を使った消臭

これもよく利用されている方法だ。
部屋の片隅にかごのようなものに炭を入れて置いておいたり、下駄箱、冷蔵庫、トイレなどにも置いたりと、いろいろなところで使われている。
ただ、消臭と除湿効果がだいたい3ヶ月程度といわれており、天日干しすることで、再利用できるが、炭の量が多くなると、作業が多少面倒になるかもしれない。

【部屋消臭】炭を使った消臭

オゾン発生器を使った消臭

これは主にビジネスの場面で、業務用としてよく利用されている方法だ。
スイッチを入れて、そのまま放置しておくだけなので、スタッフへの負担が少なく簡単確実に消臭が行える。
ホテルの客室や自動車の車内の消臭、飲食店や店舗のニオイの消臭、病院、介護施設、不動産関連、清掃業者、農家など。
例えば、食品加工の現場では、空中を漂う菌を除菌するのにも使われている。最近では個人で使う人も増加中で、ペットを飼っている人、ニオイや雑菌が気になる人にも多く利用されているそうだ。
最近では、このような小型のオゾン発生器も人気となっている。 【仕様詳細】

【部屋消臭】オゾン発生器

まとめ

最近はニオイに関心をもつ人々が増加する傾向が強まってきており、「部屋消臭」に関心を寄せる企業、個人がますます増加中だ。
部屋の消臭対策は当たり前になってきており、様々な消臭方法が使われているが、ニオイの種類、ニオイの発生状況から、適切な消臭方法を用いる必要があるだろう。
例えば、時間に追われて忙しい、面倒な作業は避けたいという人には、多少コストはかかるが作業負担が少なくて消臭効果が期待できる、オゾン発生器を選択肢にしてもいいかもしれない。